野菜の力に期待をし、9月のメニュー化に向けた日々!

9月11日(金)のメニュースタートに向けて、7月から取り組み出した、

野菜の力に着目した頭皮ケアとヘアケア。

8月も終盤。毎日ヘッドスパのマッサージ練習や9月のメニュー化に向けた取り組みを進めています。

ここでは、野菜の知られざるパワーについてまとめてみました。


 

女性の美をサポートする大豆

24491_listImage

注目の成分はポリフェノールの一種イソフラボンで、コレステロール値の上昇を抑え、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きが期待できます。そのほかにも血圧低下作用のあるダイズサポニン、記憶力向上に役立つレシチンなども含んでいます。

さらに、緑黄色野菜とあわせてサラダやスープに活用すると栄養バランスがととのい、満足感がアップ。豆乳や豆腐などの加工品、納豆や味噌などの発酵食品も積極的に摂り入れましょう。


高い抗酸化のトマトの効果は?

1202294top

リコピンとはカロテノイドの一種で、トマトやスイカ,ピンクグレープフルーツなどに含まれる脂溶性の赤色の色素です。カロテノイドとは自然に存在する色素のことで、カロチノイドと呼ばれることもあります。緑黄色野菜に多く含まれ現在600種類以上が知られています。

カロテノイドは活性酸素を消す抗酸化力が強いのが特徴です。代表的な物としてはαカロテンやβカロテン,ルティン,リコピンなど。その中でもリコピンは抗酸化力が強いのが特徴で、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化力を持ちます。

リコピンの効果・効能は強力な抗酸化力から得られ、血糖値を下げる,動脈硬化の予防,ガンを予防,喘息の改善,美白効果,ダイエット効果などがあると言われています。リコピンのガン予防効果は肺ガン,前立腺ガンで有効性が示唆されています。また基礎研究レベルですがリコピンにはLDLコレステロールの酸化防止や乳ガン,肺ガン,前立腺ガンの増殖を抑える効果が報告されています。

リコピンの美肌効果とは

リコピンは美肌効果も最近注目されていますが、これもリコピンの持つ抗酸化力からきています。紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、シミやシワ,たるみの原因になります。またリコピンはシミの原因になるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する効果があります。リコピンの美肌,美白効果は抗酸化とチロシナーゼ抑制の2つの働きからきています。


美肌やアレルギーに驚くべき効果のニンジン

url

1 温め効果で冷えを防ぐ

ニンジンには体を温める効果がある。愛知医科大学の伊藤要子准教授とカゴメの研究で、ニンジンジュース320gを飲むと、同じ量の水をのんだときに比べて舌下温や手の皮膚温の低下が抑えられた。それは水で薄めたショウガ汁をのんだときに匹敵するものだった。

2 紫外線から肌を守る

ニンジンに多い成分のカロテンを摂取すると、紫外線による皮膚の脂質の酸化を抑制できる。徳島大学の寺尾純二教授のマウスの実験で、βカロテンとαカロテンを合わせたカロテンを食べさせると、食べさせないマウスに比べて紫外線による肌のシワやたるみが抑えられた。

3 アレルギーを抑える

ニンジンには、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギーを抑える作用もある。最近の研究でカロテンが腸内の免疫にかかわる働きを調整する作用を持つことがわかった。妊娠、授乳期に食べると、子供の食物アレルギーなどが防げる可能性も出てきた。


生姜の抗酸化作用がシミやシワを予防し美肌をつくります

3141621-e1372823658156

きれいな肌と若々しい体をキープする働きも生姜にはあります。
私たちの肌や体をさびつかせ、老化や病気を引き起こす原因のひとつに活性酸素*があります。活性酸素は、紫外線やストレス、大気汚染、喫煙など、さまざまな要因によって作られます。それを除去するのに必要なのが、ビタミンA・C・Eや、野菜や果物に含まれるファイトケミカルと呼ばれる抗酸化物質です。なかでもビタミンEは、若返りビタミンといわれ、抗酸化物質の中でもとくに重要と考えられています。
生姜はこの活性酸素を除去する力が強いことがわかっています。とくにショウガオールの活性酸素除去能力は、ビタミンEの実に3倍もあることがわかりました。ショウガオールは、生姜を加熱することで増える成分です。温めた生姜をとることは、シミやシワを予防し、美肌をキープすることにつながるのです。


 

オクラの美肌効果は?

rankingshare-1bf130c01a4311e4b56306cfc7d1632ba041350d33b4a5d530

オクラに期待できる美肌効果としては、皮膚のうるおいを保ち粘膜を健やかに保ち、乾燥による毛穴開きを予防するビタミンA。コラーゲンの生成を促し、美白効果で メラニン毛穴 を予防するビタミンC。腸内環境を整えることで、肌荒れや にきび を防止する食物繊維などが含まれていると言われています。
オクラと言えば、独特な香りとネバネバが個性豊かな野菜。納豆のように苦手という方もいらっしゃるようですが、豊富な食物繊維はこのねばねばの力ということをご存知でしょうか。

便秘はにきびや肌荒れの原因の一つといわれていますが、腸内環境を整え便秘を予防解消することで、症状も改善されることもあるとされています。管理人はよくオクラを食べますが、翌日はいつもよりお腹がスッキリすることが多いように思います。

 

関連記事

  1. 大人の痩せ髪、髪が細くなってきた、元気がない。大丈夫?

  2. [︎パーソナルカラー]山下抄子が想う『Q 自分に似合うカラー…

  3. [ベタつき] 女性でも頭皮のベタつきは気になるものです

  4. [頭皮ケア] ベタつく男性必見! 薄毛を気にする前に気をつけ…

  5. カラーやパーマの処理剤

  6. 皆さんは野菜のチカラについてご存知ですか?

  7. シャンプーセレクトで髪質は変わります

  8. 髪の根元からフンワリとスタイリングできるアウトバストリートメ…

  9. 日本の男たちの頭皮のために‼ ~このままでは後悔するかも~