髪の状態に合わせて様々なヘアカラーを使い分けます

nature店の長島です。

K様 いつもありがとうございます。

久しぶりのフルカラーでしたが髪の根元〜中間〜毛先だったり、表面部分と内側部分の髪の状態に合わせ、薬剤の強さ、濃さ、色味を分けてヘアカラーすることでダメージレスで綺麗な仕上がりとなりました。
プレ処理材にCMCを、中間処理にヘマチン+キトサンでしっかりと処理をさせていただいたので、カラー後の毛髪状態も良好です。
綺麗なヘアカラーの仕上がりは、薬剤選定とダメージコントロールですね。
スタイリングはアウトバストリートメントを塗布しただけで、スタイリング剤は使用していません。
コンディション良いとスタイリング剤って必要なくなるケースもあるんですよ

この記事を書いたスタイリスト

関連記事

  1. パーマスタイルは、雰囲気を変える飛道具

  2. No. 1オーダー![ツーブロックスタイル]

  3. カリアゲ、モヒカン、ブリーチ 遊び心

  4. 柔らかい毛先の質感。

  5. 良いヘアスタイルは、良い素材から

  6. 笑顔は大事だよ。

  7. 七五三の季節ですね

  8. 炭酸化粧水

  9. 雑誌サービスの提供の再開

  10. ショートスタイル

  11. シャクレル

  12. 私の休日

定休日のお知らせ

アーカイブ