髪の状態に合わせて様々なヘアカラーを使い分けます

nature店の長島です。

K様 いつもありがとうございます。

久しぶりのフルカラーでしたが髪の根元〜中間〜毛先だったり、表面部分と内側部分の髪の状態に合わせ、薬剤の強さ、濃さ、色味を分けてヘアカラーすることでダメージレスで綺麗な仕上がりとなりました。
プレ処理材にCMCを、中間処理にヘマチン+キトサンでしっかりと処理をさせていただいたので、カラー後の毛髪状態も良好です。
綺麗なヘアカラーの仕上がりは、薬剤選定とダメージコントロールですね。
スタイリングはアウトバストリートメントを塗布しただけで、スタイリング剤は使用していません。
コンディション良いとスタイリング剤って必要なくなるケースもあるんですよ

関連記事

  1. ロングからショート

  2. お客様からのお土産

  3. 旭美容学校1年生、薗部瑞季さん。インターンシップの意気込みで…

  4. Viege メニュー化まで、あと11日

  5. 髪のツヤ感はここまで復元します

  6. おわかりいただけただろうか…

  7. 私の休日

  8. [海の日]  EM菌 四日市港で「伊勢湾浄化作戦」

  9. 子供カットday

  10. [ヘアカラー]ハイトーンカラーにしたいかた必見

  11. 知ってる?コーナー(長文です)

  12. 美容室の技術レッスンに対しての考え方を変えていきます。

定休日のお知らせ

アーカイブ

Twitter