エイジングケア習慣初めてみませんか?

nature店の長島周平 です。2019年は特に「エイジングケア」についてのお悩みをたくさんの方から相談を受けました。髪につや

頭皮と髪の老化現象に悩むお客様の声の増加

鈴鹿市の平均年齢も43歳〜44歳と言われる現在、髪の変化や頭皮の変化、肌の変化など、20代、30代の頃に比べると色んな身体の変化を感じているお客様が年々増加しています。

今年、相談を受けた悩みも

  1. 髪が細くなってきた
  2. トップにボリュームがない
  3. 白髪が気になる

特に髪が細くなってきたことに関しての恐怖心を抱えている方が増えたという印象的を受けました。

鈴鹿市の平均年齢は、三重県内の中では若い地域ですが、それでも少子高齢化の中で悩みのカテゴリーが変化してきています。

2015年データ 鈴鹿市平均年齢 44,6歳

髪の根元5mmの立ち上がりが重要です

30代後半〜頭頂部やつむじ周りの髪に元気がない。そんな声を多く聞きます。

40代後半〜は髪の根元5mmの立ち上がりが弱くなりヘアスタイルが決まらなくなる。パーマをかけてみてみたもののカールが綺麗にでない。パサつく。

40代以上になると髪自体が弱くなる傾向にあり、今までみたいにパーマやカラーリングが思うように仕上がらない。もちが悪い。

最終的には、カットですらまとまらなくなる。

髪の根元c5mmの立ち上がりが弱くなると、今までにない症状や結果を体感することになります。

エイジングケアって近い未来の美容投資

  • 髪細くなってきたなぁ
  • ボリュームが出にくくなってきたかなぁ

けど、まだ大丈夫。そんな風に思いたくなる反面、不安も隣り合わせ。

何をどうやって対策すれば良いかもわかりませんよね。

エイジングケアってわかりやすく言えば、頭皮と髪、そして肌の健康管理。

歯医者に通われている方なら聞いたことある一例として、

「80歳までに歯を28本残しましょう」

というフレーズは聞き覚えがあるはずです。

歯を残す為に、歯茎を大事にしますよね。

歯茎が弱ると歯が弱くなる。

頭皮が弱くなると髪が弱くなる。

だからこそ、髪も頭皮も肌も未来に向けてのエイジングケアが、健康で綺麗な状態をキープしやすくなるんです。

エイジングケアの課題は継続性

昨今は美容メーカー各社がエイジングケア商材の開発に力を入れている為、かなり結果が分かりやすくなってきてます。

ただ、ヘアトリートメントに比べると、

  • ツルツルになった
  • サラサラになった
  • しっとりした
  • 枝毛が少なくなった

などという分かりやすい結果が出にくいのもエイジングケアを継続的に続けられないお客様の存在を作ってしまう原因の1つ。

すぐに結果が感じられないからエイジングケアを諦めるのか、将来に向けての美容投資としてエイジングケアをスタートし継続するか。

継続性が問われるエイジングケア。

しかし継続さえすれば「マイナス〇〇歳!」を実現できる可能性があります。

もし気になっているなら、スタートは早い方が結果が出やすい。

エイジングケア習慣初めてみませんか?

 

関連記事

  1. [ベタつき] 女性でも頭皮のベタつきは気になるものです

  2. 皆さんは野菜のチカラについてご存知ですか?

  3. お肌が敏感な方へ朗報です!

  4. Viege ベジタブルケア!トレーニング公開

  5. 髪の内面からしっかりケアしませんか?

  6. [軟毛の方必見]山下和也が教える、3つのアドバイス

  7. [︎パーソナルカラー]山下抄子が想う『Q 自分に似合うカラー…

  8. 野菜の力に期待をし、9月のメニュー化に向けた日々!

  9. [ツヤ髪計画]ナノアミノITSトリートメント2回目

定休日のお知らせ

アーカイブ